日本通信は、KDDI およびソフトバンクモバイルに相互接続を正式に申し入れた。「マルチ ネットワーク キャリア」を標榜する同社のビジョンに向けた大きなステップとなる。

「マルチ ネットワーク キャリア」としてのサービスには、国内2キャリアのネットワークを使用して冗長化した、信頼度の高い基幹系向けデュアル ネットワーク サービス、複数キャリアの LTE を統合的したカバレッジの広い LTE ネットワーク、あるいは、米国 cdma2000 系ネットワークと国内 cdma2000系ネットワークをひとつのネットワークとしたサービスなどが考えられる。

日本通信は、NTT ドコモとは2009年3月から相互接続しているが、この間 MVNO が順調に進展する一方、携帯事業者の設備面では、新規周波数の割当や LTE への設備投資が始まり、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルは設備面で競争している。

日本通信では、より多様かつ低廉な通信サービスを目指し、KDDI とソフトバンクモバイルそれぞれに、ドコモと行っているレイヤー2接続を申し入れた。

日本通信、マルチネットキャリアを目指して KDDI と SBM にも相互接続を申し入れ
日本通信トップページ