UQ コミュニケーションズの WiMAX をバックホール回線に活用した公衆無線 LAN ポイントが、京成電鉄の成田スカイアクセスを運行する一般車両(3050形車両、8両編成6本)に3月31日から設置される。京成電鉄はこれまでスカイライナー(AE 型)に公衆無線 LAN サービスを導入していたが、車両有料特急車両以外の一般車両で同サービスを導入するのは、大手民鉄で初めて。

WiMAX を使用した公衆無線 LAN アクセスポイント、京成電鉄一般車両に拡大
サービスが導入される3050形車両

利用できる公衆無線 LAN サービスは、KDDI が提供する「au Wi-Fi SPOT」と、ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する「Wi2 300」の2種類。

WiMAX を使用した公衆無線 LAN アクセスポイント、京成電鉄一般車両に拡大
利用できる公衆無線 LAN サービス

京成電鉄は、今後も一般車両への公衆無線LANサービスの導入を進めるという。