NTT ドコモ/KDDI/沖縄セルラー電話/ソフトバンクモバイルは、大規模災害発生時に音声メッセージをパケット送信できる携帯電話/スマートフォン向け「災害用音声お届けサービス」の相互提供を4月1日に開始する。

携帯/スマホの「災害用音声お届けサービス」、4社間で相互利用可能に
「災害用音声お届けサービス」相互利用の概念図

災害用音声お届けサービスは、震度6弱以上の地震を始めとする大規模災害の発生時に、音声通信でなくパケット通信で音声メッセージを送れるサービス。ユーザーの安否音声をファイル化してパケット通信経由で送信するので、災害時に音声通信回線が混みあって電話がつながりにくい場合でも、“声”で安否確認が行なえる。

災害用音声お届けサービスはこれまで、同一キャリア内のユーザー同士でしか利用できなかった。今回、総務省主催の検討会を経て携帯電話事業者4社の合意が実現したことで、異なるキャリア間での音声メッセージ送付が可能となった。

なお、4社は提供開始日の4月1日に体験サービスを実施する。ほかにも、毎月1日/15日、「防災週間 (8月30日から9月5日まで)」、「防災とボランティア週間 (1月15日から1月21日まで)」および「正月三が日 (1月1日12時から1月3日24時まで)」に体験サービスを提供するとしている。