ここ数週間、メディアは Apple と Samsung がスマートウォッチを開発しているといううわさで持ち切りだった。先週後半には、Google と LG もがスマートウォッチを開発しているといううわさが上っている。

Financial Times は、Google がスマートウォッチを開発しているといううわさを伝えた。

「Apple は iWatch を開発しているとうわさされている。また、Samsung 幹部は先週、腕時計型デバイスを開発していることを認めた。そして今度は、Google も腕時計型デバイスを開発しているといううわさが流れている。Google Glass は、自動操縦車などを研究する X Lab で開発されているが、スマートウォッチは Android 部門で、同 OS を利用するスマートフォンの機能拡張の1つとして開発されているという。情報筋によれば、このプロジェクトは、Samsung によるスマートウォッチ開発とはまったくの別物だという。また、Google によるスマートウォッチがいつ登場するかについても明らかになってはいない」

Korea Times は、LG がスマートウォッチ開発をしてるといううわさを伝えている。

「韓国の技術系企業大手 LG Electronics は、スマートウォッチを開発している。同社は、Apple と Samgung による開発競争に参入する。この件に詳しい情報筋が Korea Times に語ったところによれば、LG による次世代ウォッチの開発は、変化のスピードの速い IT 業界にあって、競争力を失わないための長期戦略の一環であるということだ」

Mashable は、多くの IT 系企業が、時流に乗り遅れることを恐れてスマートウォッチ開発へと乗り出していることを伝えている。

「Apple、Samsung、Google そして LG は、次の大きな技術革新がスマートウォッチにあると考えているようだ。中でも LG は、以前、すでに携帯電話と時計のハイブリッド製品を開発している。当時と比べ、現在は大手 IT 企業で、新たな製品カテゴリーに乗り遅れまいとする傾向はより一層強くなっていると言えるだろう。たとえそれがまだうわさの段階にあるものであってもだ」