ウェザーニューズは、同社が提供するスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」(iOS / Android 対応)内の「星空Ch.」において、3月下旬から4月上旬にかけて観察できると予測されている「パンスターズ彗星」の模様を中継するサービス「パンスターズ彗星 LiVE」を開始した。

パンスターズ彗星(C/2011 L4:PANSTARRS )は、2011年6月6日(世界時)に、米国ハワイ州・マウイ島に設置されたパンスターズ1望遠鏡による観測で発見された彗星。長い尾をひくその姿から「ほうき星」とも呼ばれる。日本でパンスターズ彗星を観察しやすくなる時期は、3月10日の近日点通過以降と予測されている。この頃から、日の入り後の西の空に見られるようになり、3月下旬から4月上旬は、日の入り後の西の空、日の出前の東の空と、1日に2回見ることができるようになる。だが、地平線に近い位置に現れるため、観察が難しいと予想されている。

「パンスターズ彗星 LiVE」は、パンスターズ彗星を観察できる3月から4月の期間中、千葉・幕張で同彗星が観測された際に、その模様をライブ動画で中継するサービス。チャット機能を備えており、利用者はライブ動画に対してコメントを書き込むことが可能。これにより、視聴者同士で感動をリアルタイムに共有できる。

パンスターズ彗星をライブ配信--スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」でサービス開始
「パンスターズ彗星 LiVE」利用画面イメージ

また、有料会員向けのコンテンツとしてスマホに彗星のライブ動画をプッシュ通知する「LiVE 通知サービス」も用意している。

なお、過去の動画は、「星空Ch.」で公開される予定。