NTT ドコモKDDIソフトバンクモバイルイー・アクセスの4社は、東京メトロ(東京地下鉄)の千代田線および半蔵門線で提供している携帯電話サービスのサービス エリアを3月14日正午に拡大し、両路線の全区間で利用できるようにする。これにより、サービス対象区間では、駅構内と駅停車中の列車内だけでなく、駅間の列車内でも携帯電話/スマートフォンによる通信が可能となる。

今回サービスを開始する路線/区間は、千代田線が湯島駅から二重橋前駅、半蔵門線が渋谷駅から永田町駅。

東京メトロでは、すでに以下の路線/区間で携帯電話サービスが利用可能となっている(関連記事)。

・銀座線:神田駅から渋谷駅
・丸ノ内線:池袋駅から新宿御苑前駅、新中野駅から荻窪駅、中野新橋駅から方南町駅
・日比谷線:全区間
・東西線:全区間
・千代田線:綾瀬駅から湯島駅、二重橋前駅から代々木上原駅
・有楽町線:要町駅から新木場駅
・半蔵門線:永田町駅から押上駅
・南北線:市ケ谷駅から赤羽岩淵駅
・副都心線:千川駅から渋谷駅

今後4社はサービス エリアの拡充に取り組み、2012年度中には東京メトロの全線でサービスを提供する計画。ただし、連絡線の設置工事中である有楽町/副都心線の小竹向原駅から千川駅間については、2016年度中にサービスを始めるとしている(路線図の掲載ページ)。

東京メトロの駅間トンネル携帯電話サービス、3月14日正午より千代田/半蔵門線の全区間で利用可能に
東京メトロの路線図
(出典:東京地下鉄)