ソフトバンクモバイルは、横浜駅から元町・中華街駅を結ぶ地下鉄「みなとみらい線」(横浜高速鉄道)の全駅構内で公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「ソフトバンク Wi-Fi スポット」を提供すると発表した。3月16日よりサービス利用可能な駅を順次増やし、2013年4月末までに全駅をカバーする計画。

3月16日にサービスを開始する駅は、横浜駅、みなとみらい駅、元町・中華街駅の3つ。その後2013年4月末までに、残る新高島駅、馬車道駅、日本大通り駅での提供を始める。なお、3月16日にみなとみらい線と接続している東京急行(東急)東横線で東京メトロ(東京地下鉄)副都心線との相互直通運転が始まり、みなとみらい線周辺の観光地へのアクセスがしやすくなる。

「ソフトバンク Wi-Fi スポット」、地下鉄「みなとみらい線」の全駅構内で利用可能に
みなとみらい線の路線図
(出典:横浜高速鉄道)

ソフトバンク Wi-Fi スポットは、駅や空港、カフェなどで利用可能なサービス。同社の iPhone や iPad のほか、各種スマートフォン/携帯電話で Wi-Fi 経由の無料インターネット接続が行える(関連記事)。2012年11月29日時点のアクセス ポイント数は、国内携帯電話キャリアが提供する同種サービスのなかで最多という。

ソフトバンク Wi-Fi スポット
ソフトバンク Wi-Fi スポット
(出典:ソフトバンクモバイル)