Wi-Fiネットワークの Fon は、ドイツ大手通信会社の Deutsche Telekom と、ドイツ最大の Wi-Fi ネットワークを構築するためのパートナーシップを発表した。この Wi-Fi ネットワークは「WLAN TO GO」の名称で今年の夏より開始される。

Fon は、現在700万以上の Wi-Fi スポットを持つ世界最大の Wi-Fi ネットワーク。 Deutsche Telekom はドイツ全土に1,200万人のブロードバンドユーザーと1万2,000以上の Wi-Fi スポットを持っている。Deutsche Telekom のブロードバンド加入者は Fon サービスに登録し、インターネット接続の未使用容量を他のユーザーと共有するだけで、世界中の Fon Wi-Fi スポットに無料でアクセスできる。また、家庭内のみで使用するプライベートネットワークと、他のメンバーと共有するパブリックネットワークの、2つのネットワークを生成できる。

Fon、ドイツの大手通信会社ドイツテレコムと提携
Fon のトップページ


Fon の創立者で CEO の Martin Varsavsky 氏は次のように語っている。

「我々は Deutsche Telekom とパートナーを組み、ヨーロッパにおける Fon ネットワークをさらに拡大できることを嬉しく思う。ドイツテレコムは素晴らしい企業であり、彼らと協力してアクセスしやすい Wi-Fi をドイツ全土、そしてヨーロッパで展開できることを楽しみにしている」

 Deutsche Telekom の CEO の Rene Obermann 氏は次のように語っている。

「この革新的なパートナーシップは Deutsche Telekom のネットワーク拡大戦略をサポートするものだ。人々が使用するデータ量の増加は、既存の高速ネットワークをより発達させることが望まれている。人々はますますリソースを共有することを求めており、人生は共有するためにあるものと考えられる。2016年までに全国で250万スポットの WLAN TO GO を提供したいと考えている」