ウィルコムは、Android 2.3 搭載スマートフォン「DIGNO DUAL WX04K」(京セラ製)の OS を Android 4.1(開発コード名「Jelly Bean」)へバージョンアップすると発表した。アップデート ソフトウェアの提供開始時期は2013年4月中旬の予定。

DIGNO DUAL WX04K は、ウィルコムが初めて手がけた Android スマートフォン。NTT ドコモがかつて販売していた「ドッチーモ(Doccimo)」のように携帯電話と PHS 端末の機能を兼ね備え、PHS 回線経由の通話と、PHS サービス圏外時にソフトバンクモバイルの 3G(W-CDMA)回線経由の通話に対応する点が特徴。発売当初、Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)に更新するとしていたが、今回さらに新しい Android 4.1 へバージョンアップすることとなった。

ウィルコム、PHS/3G スマホ「DIGNO DUAL WX04K」を Android 4.1へ
DIGNO DUAL WX04K

なお、Android OS の開発元である米国 Google は、「Android 4.2」(開発コード名「Jelly Bean」)をリリース済み。

Android 4.1/4.2(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
Android 4.1/4.2(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ