米国 Apple が iWatch を出荷するのではないかとするうわさは、ここに来て再び盛り上がりを見せている。アナリストは、腕時計そのものの人気の高さなどから、Apple が iWatch を出荷すれば、その売上は60億ドルに達すると予測している。

Bloomberg は、腕時計ビジネスが高収益率であることから、Apple がこのビジネスチャンスを見逃すことはないと述べている。

「Tim Cook は Apple による次の成長戦略の核になる商品としてテレビを選択し、これにフォーカスしていることを匂わす発言をしていた。だが、同社が開発中だとされる腕時計スタイルのデバイスは、テレビよりもさらに高収益なものとなりそうだ。Citigroup アナリストの Oliver Chen 氏によれば、世界全体の時計産業の売上は、2013年に600億ドルに達するという。また、テレビは利幅の薄いビジネスとして知られているが、腕時計の利益率は非常に高く、およそ60%に達するとしている。Bloomberg Industries のアナリスト Anand Srinivasan 氏は次のように語る。

『Apple が iPod で実現したように、腕時計の分野でも全く新しい何かを作り出すことができれば、それは、Apple にとって、60億ドルのビジネスチャンスとなるだろう』」

The Verge は、Apple 社内での iWatch プロジェクトの状況について説明している。

「iWatch プロジェクトには、Jony Ive 氏率いる100人あまりのエンジニアが取り組んでいる。興味深いのは、Apple は iWatch に対して iPod nano で採用された専用 OS を流用するのではなく、iOS を改訂して搭載する道を選んだという点だ。iPod nano は腕時計サイズのデバイスで、iWatch の出発点としては適していると思われる。だが、Apple は、すべての製品に iOS の搭載を目指すという決定をしたようだ。この決定は、バッテリー利用時間との戦いを引き起こしている。情報筋によれば、Apple は一度の充電で4〜5日間連続使用できるデバイスを目指しているが、iOS を搭載した現在のプロトタイプでは、1〜2日でバッテリー切れを起こしてしまうようだ」

Forbes は、アナリストである Marshal Cohen 氏の発言を引用している。

「Apple なら、"ファッション"と"機能性"を1つにすることができるだろう。Apple の腕時計は、時計産業全体の市場規模を1年か2年で3倍にしてしまう可能性がある。Apple が iWatch を出荷すれば、すでに携帯電話を持っている人も、スマートウォッチ購入に走るかもしれない」