スペイン バルセロナで開催された「Mobile World Congress」は、ハイテク関連見本市の中で最も重要なイベントとなった。スマートフォンがハイテク関連商品で最も重要なデバイスになったからだ。

私はこのイベントに参加し、あらゆるハイテク商品は、スマートフォンと少なくとも接続可能でなければ生き延びていけないのだということを実感した。

なぜ、iPhone アプリ「Mailbox」は人気なのか?

イベント期間中、大変印象に残ったことがある。それは、非常に多くの iPhone ユーザーが、Mailbox について語ったり、実際に利用したりしていたということだ。Mailbox とは、iPhone で利用可能なメールクライアント。私自身も利用している。

【Mobile World Congress】世界はスマートフォンのものになった ― PC もテレビもゲーム機も、もはやその周辺機器にすぎない
iPhone 向けアプリ「Mailbox」

Mailbox には、機能面で目新しいものは何もない。既存のメールクライアントでできなかったことで、Mailbox で可能になることは、何もないのだ。

Mailbox の目新しさは、iPhone のマルチタッチインターフェイスを徹底的に活かした Eメールクライアントという点にある。Mailbox ではほとんどの操作をスワイプで処理できるのだ。

例えば電子メールを整理する際、メールを素早く右方向にスワイプすれば、そのメールをアーカイブすることができる。だが、同じく右方向にゆっくりとスワイプすると、そのメールを削除することができるのだ。Mailbox では、受信ボックス内のメールを好きな順番で並べ替えることもできるのだが、この操作でもスワイプが利用できる。

マルチタッチインターフェイスの進化

私を含め、多くのユーザーが E メールの処理に iPhone を利用するようになっている。職場でデスクトップ PC の前に座っているときでさえも、メール処理には iPhone を使うケースが増えているのだ。

これはなぜだろう?

スマートフォンのタッチインターフェイスの方が、PC のインターフェイスよりも使い勝手が良いからだ。タッチデバイス、特にスマートフォンのアプリは、時間をかけて、デスクトップアプリのユーザービリティに追いつき、追い抜いた。

タッチインターフェイスは、もともと旧来の PC インターフェイス―マウス(キーボード、メニュー、フォルダー)よりもユーザービリティの点で優れたものなのだ。そして、ソフトウェアデザイナーは、そのタッチインターフェイスの有効な活かし方を理解し始めた。

Apple による「iPhoto for iOS」を例に取ろう。このアプリは、もとは OS X 向けに開発されたものだ。だが現在では、モバイル版はデスクトップ版とは全く異なる動作をするものへと進化した。そして、モバイル版アプリのユーザービリティは、デスクトップ版のそれよりもずっと優れているのだ。少なくとも、一般的なユーザーは、モバイル版の方が使い易いと感じるだろう。そしてその優位性は、マルチタッチユーザーインターフェイス自体の本来持っているユーザビリティの高さから来ているのだ。

Adobe は最近、スマートフォン向け Phothoshop「Photoshop Touch」をリリースし、同社がマルチタッチインターフェイスのメリットを理解し、かつ活用する能力を持っていることを示した。多くの利用者は、自分の撮影した写真の編集には、これで十分だと感じたことだろう。フルサイズの高価なデスクトップ版 Phothoshop は、今日ではプロ写真家以外からの需要はほとんどないはずだ。

Adobe Photoshop Touch for Phone
Adobe Photoshop Touch for Phone

スマートフォンが PC になったのはいつか?

Apple が社名を「Apple Computer, Inc.」から「Apple, Inc.」に変更し、そのビジネスを PC 中心からモバイル中心へと変更したとき、PC 産業全体が生き残りをかけモバイルへと大きく舵を切った。

このトレンドに乗ったのは、Apple だけではない。中国の大手 PC メーカー Lenovo もそうだ。Lenovo によれば、同社はスマートフォン業界で利益を出している数少ないメーカーの1つだという。アナリストは、Lenovo が中国市場におけるシェアを増加させ、年内には Samsung を追い越して、中国での No.1 スマートフォンベンダーになると予測している。

Lenovo は、2005年に IBM の PC ビジネスを買収するまでは、無名のメーカーだった。Lenovo は完璧なタイミングで PC 市場に参入したが、現在ではそのフォーカスをスマートフォンに移している。これもやはり、完璧なタイミングだと言えよう。

私は、Lenovo や Apple の辿りつつある道こそが、PC メーカーの生き延びる唯一の道だと考えている。彼らに残された道は、スマートフォンメーカーになるか、消えてなくなるか、だ。

ここ数年、一般ユーザーはハイパフォーマンスの PC に対する興味を失いつつある。PC ユーザーの関心は、デスクトップでは画面の大きさ、ノート PC ではモビリティの高さへと移った。

確かに、PC ゲーム市場は再び盛り上がりを見せているし、ゲーマーからのハイパフォーマンス PC への要求は依然高いものがある。また、所謂「ギーク」と呼ばれる人や、パワーユーザーと呼ばれる人々がいなくなることもないだろう。だが、その他のほとんどの人にとっては、PC のパフォーマンスはもはや以前ほどの関心事ではないのだ。

だが、ここ Mobile World Congress では、スマートフォンのパフォーマンスは人々の注目を集めていた。これも、スマートフォンが新たな PC となったことの証拠だ。

中国企業 Huawei は、史上最速を謳うスマートフォン Huawei Ascend P2 を発表し、Mobile World Congress の聴衆の注目を集めた。

Huawei Ascend P2
Huawei Ascend P2

Ascend P2 は、クアッドコア 1.5GHz プロセッサと、LTE カテゴリー 4 技術を搭載。150 Mbps のダウンロード速度を可能にしている。

HTC One も超高速であることを売りにするもう1つのスマートフォン。クアッドコア 1.7GHz の Qualcomm Snapdragon 600 を搭載している。

数年前の PC 業界同様、スマートフォン業界ではブランド品のプロセッサが大きなセールスポイントになっているし、ベンチマークテストはスマートフォンの製品レビューに欠かせないものとなっているのだ。

スマートフォンはリビングにも進出する


スマートフォンは PC に近いものと考えられおり、接続先も PC に限定されると捉えられてきた。

だが、現在では、スマートフォンはリビングルームにおける、エンターテインメントの重要なコンポーネントの一部と考えられるようになってきている。

この変化は、Microsoft が「Xbox SmartGlass」を発表したときに始まった。SmartGlassとは、スマートフォンやタブレットを Xbox 360 の「サブスクリーン」にするもの。利用者は、Xbox をスマートフォンから操作したり、ゲームをスマートフォン上で楽しんだりすることができるようになる。

Xbox SmartGlass
Xbox SmartGlass

Sony は最近、「PlayStation 4」を発表した。この最新のゲームコンソールでは、スマートフォンやタブレットを PlayStation 4 のセカンドスクリーンとして使う専用アプリ「PlayStation App」が利用できる。利用者はスマートフォンを PlayStation 4 のコントローラーとして利用できるのだ。PlayStation 4 で遊んでいる友人のゲームを離れた場所から鑑賞することも可能になるという。

2月初旬、Xbox の共同創業者である Nat Brown 氏は、ブログに次の投稿をしてゲーム業界に衝撃を与えた。

「Apple は現在でもすでに、広い意味でゲーム世界の競合相手ではある。だが、Apple TV はまだゲームプラットフォームとはなっていない。≪中略≫ もし、Apple が Apple TV でもゲームに対応することにしたら、PlayStation や Wii U、Xbox はあっという間に死んでしまうだろう」

現在、世界 No.1 のゲーム用デバイスは Apple の iPhone だ。数百万人もの iPhone ユーザーが格安の、または無料のゲームアプリを楽しんでいることで、iOS デバイスは世界一のゲームプラットフォームになった。この iOS ゲームが Apple TV によってリビングのテレビでも利用できるようになれば、高価な PlayStation や Wii-U、Xbox のゲームを買う人はいなくなる、というのが Brown 氏の主張だ。

先週には、誰も予測していなかったニュースが飛び込んできた。家電業界大手の LG が、HP から webOS の権利を取得したというのだ。LG は、webOS を、来年市場に投入するスマートテレビ製品に使用する計画だという。

webOS は、タッチインターフェイスを持つスマートフォン/タブレット向けの OS だ。LG は、このスマートフォン OS で、やはりスマートフォン OS である Android OS がベースになった Google TV や、Apple TV に対する戦いを挑む。LG が webOS アプリのエコシステム構築に成功すれば、LG テレビの利用者は、安価な、または無料の webOS 対応ゲームを、テレビでも楽しめるようになるだろう。こうして、スマートフォン OS は、リビングへと進出していく。

スマートフォンは世界の中心になった

Mobile World Congress は、現在の消費者向け技術の世界で何が起こっているのか、その最新の状況を知ることができる場所になった。そして、その世界の中心にいるのは、スマートフォンだ。スマートフォンこそが、新たな時代の PC なのだ。この世界で成功するには、スマートフォン技術をサポートしなければならない。テレビやゲームコンソールでさえ、スマートフォン OS で動作する「巨大なスマートフォン」となりつつあるのだから。

世界はスマートフォンのものになった。PC もテレビもゲーム機も、もはやその周辺機器にすぎない。

Mike Elgan
Mike Elgan は、Elgan Media の CEO。internet.com の他、Computerworld、Cult of Mac などの IT 関連メディアに寄稿している。