日本マイクロソフトは、タブレット端末「Surface RT」の販売を3月15日から開始する。販売は、ビッグカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの量販店グループと Microsoft Store から。

Surface RTは、 OS に Windows RT を搭載したもの。キーボード付きカバーによるタイピングや、スリープ状態からの迅速な復帰などが特徴。 Windows Store からアプリをダウンロードして使用できる。 Word/Excel/PowerPoint/OneNote を含む「Office 2013 RT」を標準搭載する。
日本マイクロソフト、「Surface RT」を3月15日から販売
本体各部の位置と名称

本体の参考価格は 32GB モデルが4万9,800円(税込)で、 64GB モデルが5万7,800円。

追加アクセサリーとして選べる画面保護用のカバーには、キーボード機能を搭載する。薄さ 3mm の感圧式キーボードを備えたタッチカバーモデルと、薄さ 6mm の打鍵感のあるキーボードを備えたタイプカバーモデルの2種類があり、カバーをたたむと自動的に文字入力が無効になる設計。現在はタッチカバー付きのモデルのみ選べるようになっているが、タイプカバーも近日発売予定。

高強度の Gorilla ガラスを採用した10.6インチのワイドスクリーン HD ディスプレイ液晶で、本体は VaporMg ボディの超軽量マグネシウム合金製。675g と軽いが、強度もある。バッテリー寿命は最大約8時間。

本体と一体になった Kickstand は、集中した動画閲覧やオフィスワーク用で、本体前面と背面にそれぞれ搭載された HD720p LifeCam カメラを使ったビデオチャットに最適な角度になるよう調整されている。

また、 USB ポート(USB2.0)と microSD スロット(microSD/microSDHC/microSDXC の規格に対応)を搭載し、さまざまなアクセサリや外部メモリなどを接続できる。