UQ コミュニケーションズは、東京メトロ(東京地下鉄)で提供している高速無線ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」のサービスエリアを拡大し、丸ノ内線/東西線/南北線/副都心線のそれぞれで利用可能区間を増やしたほか、銀座線/日比谷線/千代田線/半蔵門線のそれぞれ一部区間で新たにサービスを開始した。これにより、サービス対象区間では駅構内や駅停車中、駅間の列車内などで WiMAX による通信が行える。

「UQ WiMAX」、東京メトロ54駅でエリア整備完了
東京メトロ路線図
(出典:東京メトロ)

今回サービスを拡大した路線/駅および区間は、丸の内線が池袋駅、御茶ノ水駅〜淡路町駅、中野坂上駅〜新中野駅、中野新橋駅、東西線が茅場町駅〜南砂町駅、南北線が東大前駅、副都心線が池袋駅、北参道駅。今回サービスを開始した路線/駅および区間は、銀座線が表参道駅〜青山一丁目駅、日比谷線が人形町駅〜八丁堀駅、千代田線が赤坂駅〜代々木公園駅、半蔵門線が表参道駅〜青山一丁目駅、大手町駅、水天宮前駅〜清澄白河駅。

なお、2013年2月末時点で、東京メトロにおいて WiMAX のエリア整備対策駅156駅のうち54駅の対策が完了している。