スウェーデン Ericsson の日本法人であるエリクソン ・ジャパンは、KDDI と、IMS(IP Multimedia Subsystem)の開発、納入に関する契約を締結した。

IMS は、3GPP で標準化が進められた IP マルチメディアサービスを提供するプラットフォーム。この契約により、KDDI は、Ericsson の IMS による通信サービスを、3,500万人を超える加入者に提供する。IMS の納入は2013年度下半期以降に開始される予定。

KDDI は、2012年9月に LTE モバイルブロードバンドサービスを開始しており、無線/固定系を統合するサービス基盤を強化することで自社資源を有効活用し、運用コストと設備投資を最適化する意向。Ericsson の IMS は、将来新たな収益源となりうる RCS(Rich Communications Suite)、HD voice over LTE(VoLTE)、ビデオ通話などの新規サービス基盤ともなる。

エリクソン、 KDDI に IP マルチメディアサブシステムプラットフォームを
Ericsson トップページ