KDDI は、Firefox OS 搭載端末の世界展開を発表した米国 Mozilla と、Firefox OS 搭載端末の日本市場への導入、および Firefox OS 機能向上で合意した。

Firefox OS は、HTML5 を初めとする Web 標準技術をベースにしたモバイルプラットフォーム。デバイスにアクセスする API などは、リファレンスも含めて W3C などの標準化団体に提案されており、独自の API を指向しないオープンなエコシステムになると予想される。

KDDI では、様々なニーズに対応した Firefox OS 搭載スマートフォンの導入を検討していく。

また、Mozilla が管理し、Firefox OS 搭載端末を開発するメーカーが利用するソフトウェア群に、KDDI が各種機能を追加するコントリビューション(貢献)を予定している。

従来、有志の端末メーカー技術者によるコントリビューションが一般的だったが、通信事業者である KDDI が行うことで、開発のスピードアップ、端末ごとの機能差解消を図る。ユーザーの意図しないデータ通信を抑制する「データ通信の最適化」、データを保護する「セキュリティ機能の強化」、任意のアプリケーションをユーザー自身が制限できる「ペアレンタルコントロール」などの分野で、両社のノウハウを共有、開発していく。

KDDI、Firefox OS 搭載スマートフォン開発に寄与
米国 Mozilla トップページから