Mozilla は24日、バルセロナで開催の「Mobile World Congress」に先立つ記者会見で、Firefox OS のオープンなモバイルエコシステムによる初の商用ビルド内覧会を行い、通信事業者による新製品の販売予定を発表した。

Firefox OS デバイスの、最初のユーザー向け販売国は、ブラジル、コロンビア、ハンガリー、メキシコ、モンテネグロ、ポーランド、セルビア、スペイン、ベネズエラ。それ以外の市場についても、間もなく発表する予定だという。

現時点で、Firefox OS によるオープン Web デバイスのイニシアティブにコミットすることを表明している世界各国の主要通信事業者は、America Movil、China Unicom、Deutsche Telekom、Etisalat、Hutchison Three Group、KDDI、KT、MegaFon、Qtel、SingTel、Smart、Sprint、Telecom Italia Group、Telefonica、Telenor、TMN、VimpelCom の17社。

Firefox OS 搭載スマートフォンは、すべてオープンな Web 標準技術に基づいて開発された初の製品で、すべての機能を HTML5 アプリとして開発できる。Web アプリはデバイスのあらゆる基本機能にアクセスし、モバイルデバイスで一般的に見られる HTML5 の障害を回避できるという。

Mozilla は現在、製造会社 Alcatel(TCL)、LG および ZTE の各社と協力、Firefox OS を搭載した最初の製品の開発を進めており、今年後半には、Huawei もこれに続く予定。これらの製品はすべて、Qualcomm Snapdragon モバイルプロセッサを搭載する。

また、Mozilla はコンテンツとサービスを提供する主要パートナー企業とも戦略的な提携契約を締結した。

Firefox OS 搭載スマートフォン、今年後半には各国通信事業者が販売か?
Firefox OS 搭載スマートフォン!?