NTT ドコモは、1月より販売しているモバイル ルーター「L-03E」(LG Electronics Japan 製)について、アップデート用ソフトウェアの提供を開始した。このアップデートを適用すると、データ通信が利用できなくなる問題を直せる。

L-03E には、一定期間使っているとデータ通信が行えなくなるというソフトウェア的な障害があるという。問題が発生するまでの期間は、データ通信頻度やジョグキー操作回数などによって異なる。

アップデートは、パソコンに L-03E を USB接続し、Windows 用管理ソフトウェア「LGMobile Support Tool」を使って実行する。アップデート後のファームウェア バージョンは「V10b」。

ドコモ、Xi 対応モバイル ルーター「L-03E」のバグ修正アップデートを実施
L-03E