タカラトミーはスマートフォンやタブレットの液晶画面を自動できれいにするロボット掃除機「AutoMee S(オートミーS)」を3月28日に発売する。価格は1,575円。現在、タカラトミー公式ショッピングサイト「トイホビーマーケット」や、Amazon.co.jp などで予約受付中。

スマホ画面専用のロボット掃除機「AutoMee S(オートミーS)」
スマートフォン/タブレット端末専用ロボット掃除機「AutoMee S(オートミー S)」

オートミーS は、スマートフォン/タブレット端末専用のロボット掃除機。単3電池1本で駆動する。底面についている3つのタイヤと2枚のクリーニングペーパーにより、液晶画面上を移動しながら、指紋や皮脂汚れを拭き掃除する。オートミー S には「ノンフォール機能」が搭載されており、液晶画面のふちまで来たら自動的に方向転換するため、スマートフォンから落ちることなく掃除を続けることができるという。また、定期的に方向転換する「オートターン走行」機能も搭載されているので、画面上をムラなく掃除できるとしている。

「ノンフォール機能」を搭載
「ノンフォール機能」を搭載
スマートフォン画面から落ちずに掃除を続けることができる

掃除に必要な時間は、スマートフォンなら約4分、タブレットで約8分。どう考えても自分の手で掃除をした方が早いが、そこをあえてロボットにまかせるのが平成の世の粋というものだろう。

サイズは、直径70 × 高さ35mm で、重さは82g。ブルー、ホワイト、オレンジ、ピンクの4色のカラーバリエーションを用意している。

ブルー、ホワイト、オレンジ、ピンクの4色を用意
ブルー、ホワイト、オレンジ、ピンクの4色を用意

なお同社は1985年、箒で机の上を掃く卓上ロボット掃除機「SO-G(ソージー)」を発売した実績を持っている。

卓上お掃除ロボット「SO-G(ソージー)」
卓上ロボット掃除機「SO-G(ソージー)」
落下防止機能と障害物回避機能が装備されていた

AutoMee S の紹介ビデオ