無線ブロードバンドプロバイダの UQ コミュニケーションズ(UQ)は、「WiMAX Speed Wi-Fi」の新ラインアップとして、シンセイコーポレーションの「URoad-Aero」(ユーロードエアロ)の販売を開始する。2月20日から UQ WiMAX オンラインショップで販売する。

URoad-Aero は、モバイルルータでは世界で最薄の8.4mm、質量約74g とスリムでコンパクトだが、連続待機最大約1,000時間の長持ち省電力バッテリーを搭載している。連続通信時間は国内最長クラスの最大約12時間。カバンやポケットに入れて「空気」のように持ち歩き、1日中 WiMAX 高速インターネットを利用できる。

UQ WiMAX、連続待機最大約1,000時間のモバイルルータを販売
極薄スリムボディ

また、モバイルルータ初のタイマー予約機能「Aero モード」を搭載、ルータ本体に触らずにスマートフォンなどのアプリからの設定で、休止から起動、起動から休止に自動で移行できる。

さらに、シンセイコーポレーション製品としては初めてクレードルに対応、公衆無線 LAN 自動切り替えと PC から充電しながら通信できる USB 接続モードにも対応した。

クレードルの「URoad-Aero Station」(ユーロードエアロステーション)は、透明なアクリル製で、ルータはホワイト、レッド、ブラックの3色を用意した。

カラーバリエーションは3色
カラーバリエーションは3色