日本電気(NEC)NEC アクセステクニカは、新型 WiMAX モバイル ルーターとして、休止状態から起動させるといった操作をスマートフォンでリモート制御できるモデル「AtermWM3800R」を発表した。本体に触れずに操作できるため、バッグなどに入れたまま起動させるといったことが可能。2月7日より販売する予定。価格はオープン。

NEC、スマホからリモート起動できる WiMAX モバイル ルーター「AtermWM3800R」
AtermWM3800R

AtermWM3800R のリモート制御は、Android 用および iOS 用のアプリケーション「Aterm WiMAX Tool」を使って行う。この種のスマートフォンから遠隔操作が可能なモバイル ルーターは、これが国内初の製品だそうだ。さらに AtermWM3800R は、「WiMAX モバイル ルーターで国内初」というスマートフォンへの給電機能も搭載している。

スマートフォンから遠隔操作
スマートフォンから遠隔操作

スマートフォンへの給電が可能
スマートフォンへの給電が可能

おおよそのサイズは幅89.6×高さ52×厚さ 12.8mm、重さは約 80g で、体積および重さが従来モデル「AtermWM3600R」の約7割と小型軽量化している。バッテリ容量は 2,000mAh あり、休止状態での待機時間は最大で約250時間(従来モデルは約170時間)。

画面は有機 EL ディスプレイで見やすいという。また、商品に同梱されているシートの QR コードをスマートフォンで読み込むだけで無線 LAN(Wi-Fi)接続設定が済む機能も提供する。

ボディ カラーは「ピンク」「ホワイト」「ブラック」の3色。