米国 Facebook は1月16日、iPhone 向けアプリ「Facebook Messenger」をアップデートした。Wi-Fi を利用した無料通話が可能になっている。この VoIP サービスは、現時点では米国とカナダでのみ利用可能だ。

The Verge は、この件を次のように伝えた。

「1月初旬、Facebook はカナダのユーザー向けに、Wi-Fi またはデータ通信を利用した無料通話サービスの試験的な提供を開始。近日中に米国でもサービスを開始するとしていた。どうやら、この試験運用は成功したようだ。Messenger アプリには、無料通話ボタンが追加された。Facebook は The Verge に対し、1月16日から同サービスを米国でも提供開始したと述べた」

Washington Post は、以前から噂されていた Facebook フォンがついに登場したとしている。

「長く噂されていた Facebook フォンがついに登場した。だがその姿は、多くの人が想像していたものとは異なっていた。Facebook フォンはハードウェアではなく、我々が既に持っているスマートフォン上でソフトウェアとして動作するものだったのだ。最新の Facebook Mesenger アプリを使えば、米国の利用者は Wi-Fi 経由で音声による通話が可能になる」

MacRumors は、無料通話の方法を伝えている。

「音声通話を利用するには、Facebook Messenger アプリを起動し、音声通話したい知り合いの名前をタップする。次に、アプリの右上隅にある『i』ボタンをタップすればよい。相手の iPhone にも Facebook Messanger がインストールされていれば、連絡先情報のページには「Free Call(無料通話)」ボタンが表示されるはずだ。このボタンをタップすることで音声通話を開始できる。ボタンがグレイアウトされていても、かまわずタップしてみて欲しい。Facebook はこの機能を今後数日以内にすべての利用者に対して提供を開始するとしている」

Los Angeles Times は、同サービスの音声品質についてレポートしている。

「この機能がどのように動作するか知るために、私は同僚の Sal とオフィス内での通話を試みた。音は良いとは言えなかったし、また最初に試したときには、音声に若干の遅れが生じた。2回目に試したときには接続状態はましだったが、音は少し変だった。Sal はその音を『不明瞭』だと表現した。私は『安っぽい』音だと感じた」