NTT ドコモは、通話/通信/アプリケーションなどに機能制限をかけることが可能な子供向け Android スマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」(シャープ製)を発表した。1月下旬に購入予約の受け付けを開始し、2月上旬より販売する予定。さらに、月額2,980円の SH-05E 専用パケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」も用意する。

ドコモの「キッズケータイ」が「ジュニスマ」に、子供向けスマホ「スマートフォン for ジュニア SH-05E」登場
スマートフォン for ジュニア SH-05E

SH-05E のキャッチ コピーは「スマホデビューはジュニスマで!あんしん・あんぜんと楽しさを手のひらに。」。通話やメール交換は電話帳に登録した相手だけに制限されており、利用/通話の時間制限も設定可能。インターネット アクセス時には「sp モードフィルタ」で有害サイトをブロックする。防犯ブザーを搭載しており、防犯ブザー鳴動と連動して登録済み連絡先に自動発信する機能も備える。

Android 端末ではあるが、Google Play からアプリケーションをインストールすることができず、「sp モードメール」「しゃべってコンシェル」など、NTT ドコモの指定するアプリケーションのみ利用可能。「Googleマップ」「Gmail」などの Google 製アプリケーションも使えない。一方、「ドコモゼミ」、英和/和英辞書、時間割、おこづかい帳、電子書籍リーダーなどの学習に役立つアプリケーション、「モンスターハンター(モバイル版)」「どうぶつしょうぎ」などのゲーム、「リラックマ」の壁紙などをプリインストールしている。

また NTT ドコモは、オンライン サービス「d メニュー」で日々の天候/気温を確認できる天気コーナーや、「ドコモゼミ」と連携する小中学生向け学習コーナーなどの SH-05E 向けコンテンツも提供する。

画面は約4.1インチ(540×960ピクセル表示)液晶で、有効画素数が約1,210万画素のメイン カメラ、同32万画素のサブ カメラを搭載する。IPX5/IPX7 相当の防水性、IP5X 相当の防塵性を備える 。RAM 容量は 1GB、ストレージ用メモリー容量は 8GB。バッテリ容量は 1,660mAh。プロセッサは動作周波数 1.5GHz のデュアル コア品。Android OS のバージョンは4.0。

LTE 通信サービス「Xi(クロッシィ)」に対応。FOMA ハイスピード利用時の最大データ通信速度は下り 14Mbps、上り 5.7Mbps。Bluetooth による無線データ通信が可能。おサイフケータイ/かざしてリンク/赤外線通信/GPS/エリアメールに対応。無線 LAN(Wi-Fi)/ワンセグ/NOTTV/おくだけ充電には対応していない。

おおよそのサイズは高さ117×幅63×厚さ10.6mm、重さは約 120g。ボディ カラーは「Blue」「Pink」「White」の3色。

スマートフォン for ジュニア SH-05E の主な対応サービス/機能
スマートフォン for ジュニア SH-05E の主な対応サービス/機能
(出典:NTT ドコモ)