米国 Microsoft CEO である Steve Ballmer 氏は昨年開催された CES 2012 の基調講演で、同氏が CES に登場するのはこれが最後であると述べた。だが今年1月8日、同氏は CES 2013 で、Qualcomm CEO である Paul Jacobs 氏の基調講演にサプライズで登場。会場の人気をさらった。

【CES 2013】Microsoft CEO の Steve Ballmer 氏がサプライズ登場−会場の人気をさらう
CES 2013 に登場した Steve Ballmer 氏

Washington Post
は Ballmer 氏の登場を次のように伝えた。

「CES で中心的な役割を果たすのは昨年が最後と宣言した Microsoft は、月曜日の基調公演にサプライズで登場した。CEO である Steve Ballmer 氏が、Qualcomm CEO である Paul Jacobs 氏の基調講演に参加し、モバイル革命について語ったのだ。Qualcomm とは、様々な種類のモバイルデバイス用チップを製造するメーカーだ」

All Things D は、Ballmer 氏が Paul Jacobs 氏から講演における主役の座を奪ったことを伝えている。

「基調講演が開始しておよそ20分が経過したところで、 Jacobs 氏は Ballmer 氏を壇上へ招き入れた。Qualcomm のチップセットが搭載された Microsoft の『クールなデバイス』について語るためだ。ステージ上にいたのはわずか5分だったのにも関わらず、Ballmer 氏は主役の座を完全に奪った。Jacobs 氏の基調講演の場は、Windows Phone が搭載されたスマートフォンと、Windows 8 が搭載されたタブレットの宣伝の場と化したのだ」

VentureBeat もまた、Ballmer 氏の登場がインパクトのあるものだったことを伝えた。

「Ballmer 氏は Qualcomm のプロセッサが搭載された Windows 8 デバイスを紹介した。例えば、Samsung Ativ や Dell XPS ノート PC などだ。Ballmer 氏はまた、Lumia 920 や HTC の Windows Phone 8X スマートフォンも観客に示した。 Ballmer 氏の登場は、今ひとつぱっとしなかった Jacobs 氏の基調講演を、活気あふれるものへと変えた」

Windows IT Pro は、Ballmer 氏が Windows 8 について語った内容を紹介している。

「Ballmer 氏は Windows 8 の出足が今ひとつだったことにも触れ、その原因は PC メーカーによる Windows 8 搭載デバイスの市場投入が予定よりも遅れたことにあるとした。現在では昨年10月の Windows 8 登場時点での4倍を超える Windows 8/Windows RT 搭載タブレットが販売されており、そのどれもが仕事と遊びの両方にぴったりなものだと語った」