米国 Qualcomm は、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている世界最大の家電見本市「2013 International Consumer Electronics Show」(CES 2013)において、新たなモバイル機器向けプロセッサ「Snapdragon 800」「Snapdragon 600」を発表した。いずれも高性能なスマートフォンやタブレット端末向けのモバイル プロセッサという。現在サンプル出荷中で、Snapdragon 800 は2013年中盤、Snapdragon 600 は2013年第2四半期に搭載モバイル機器が発売される見通し。

Snapdragon 800 の性能は、現行製品の「Snapdragon S4 Pro」に比べ最大75%高いという。製造プロセス ルールを 28nm とし、省電力化を図った。搭載する CPU は新開発の動作周波数 2.3GHz クアッド コア 「Krait 400」で、単位消費電力当たりの処理性能はクラス最高としている。グラフィックス プロセッサ(GPU)も新開発の「Adreno 330」となり、既存 GPU の「Adreno 320」より2倍高性能とする。対応可能な画面表示解像度は最大2,560×2,048ピクセル。UltraHD(4K)ビデオの再生も可能。通信面では、最大 150Mbps の LTE(Category 4)と最大 1Gbps の無線 LAN(Wi-Fi)規格 IEEE802.11ac に対応する。

一方 Snapdragon 600 は、性能が Snapdragon S4 Pro より最大40%高いにもかかわらず、消費電力が少ないという。プロセッサは新開発のクアッド コア「Krait 300」で、動作周波数が最大 1.9GHz。GPU は、高速化させた強化版の「Adreno 320」を採用する。