NTT ドコモは、公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「docomo Wi-Fi」のサービス エリアを拡大し、東日本旅客鉄道(JR 東日本)の21駅で新たに利用可能とした。

今回 docomo Wi-Fi が利用可能になった JR 東日本の主な駅は、横浜駅、吉祥寺駅、大宮駅、大船駅、川崎駅、戸塚駅、千葉駅、西船橋駅、船橋駅、錦糸町駅、八王子駅、赤羽駅。利用可能なエリアは、Web サイトで検索できる。

なお、docomo Wi-Fi は、駅や空港、カフェ、ファーストフード店、ファミリー レストラン、コンビニエンス ストアなどで利用可能な公衆 Wi-Fi サービス。現在のサービス エリアは全国に6万5,200エリアあり、アクセス ポイント数は8万500という。

NTT ドコモはこれまで docomo Wi-Fi を有料サービスとしてきたが、条件付きで永年無料化するキャンペーン「docomo Wi-Fi 永年無料キャンペーン」を9月1日に開始した。