センチュリー・システムズは、キャリア各社モバイル通信対応の通信モジュールを内蔵、ワイヤレス WAN 接続ができる小型モバイルルータ「FutureNet AS-250」シリーズを発表した。出荷は2013年2月から順次開始する。

FutureNet AS-250 シリーズはモバイル網を使ったワイヤレス WAN 通信ができる小型通信装置。WAN 接続用としてモバイル通信モジュールを内蔵する。ローカル側には4ポートのスイッチングハブを搭載する。

また、外部装置との接続用に RS-232、デジタル IO のインタフェースを備え、LAN 未対応装置情報も直接モバイルデータ通信で送受信できる。

CPU には高性能と省電力を両立した Freescale 製「Kinetis K70 120MHz」(ARM Cortex-M4)を採用、ファンレス化、小型化を図った。動作温度範囲も「−20℃〜60℃」と広く、屋外にも設置できる。

センチュリー、キャリア通信モジュール内蔵の小型モバイルルータを発表
FutureNet AS-250/S:ソフトバンクモバイル網対応通信モジュール内蔵モデル

「FutureNet AS-250/S」はソフトバンクモバイル網対応製品。インターネット接続に加え、ソフトバンクテレコムの閉域網サービス、および IP 着信機能にも対応する。また、SMS 着信をトリガーとしたインターネット接続にも対応しており、低コストでセンター起動の接続環境を構築できる。

同様に、FOMA 網対応の「FutureNet AS-250/F」を2013年3月に、KDDI 網対応の「FutureNet AS-250/X」を2013年春以降に、順次リリースしていく。

FutureNet AS-250 の基本的な利用イメージ:AS-250/S の例
FutureNet AS-250 の基本的な利用イメージ:AS-250/S の例