NTT ドコモは、Android 2.3 搭載スマートフォン「MEDIAS LTE N-04D」および同タブレット「MEDIAS TAB N-06D」(いずれも NEC カシオモバイルコミュニケーション製)の OS を Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)にアップデートするため、更新用ファイルの提供を12月18日に開始した。

ドコモ、スマホ「MEDIAS LTE N-04D」とタブレット「MEDIAS TAB N-06D」を Android 4.0に
MEDIAS LTE N-04D(左2つ)と MEDIAS TAB N-06D(右)

アップデートで OS が Android 4.0.4 になるほか、スクリーン キャプチャ、伝言メモ、プライバシー設定、画面から検索ワードを抽出する「タップサーチ」といった機能が追加される。日本語入力システム「ATOK」の機能強化、ユーザー インターフェイス(UI)の改良、アプリケーションの追加、バグの修正も行う。また、N-06D では顔認証による画面ロック解除機能が利用可能となる。

アップデート適用後のビルド番号は、N-04D が「A3003401」、N-06D が「A3104601」。一度アップデートすると、元のバージョンには戻せない。

今回のアップデートは、自動更新に対応していない。無線 LAN(Wi-Fi)を介して端末本体で行うか、パソコンで取得したアップデート用ファイルを microSD メモリカードに入れて行うかのいずれか。アップデートするには、N-04D はビルド番号「A1002811」、N-06D は同「A1101301」のバージョンにしておく必要がある。N-04D で「A1001001」「A1001701」「A1002501」、N-06D で「A1100541」「A1100801」「A1101001」の場合は、それぞれソフトウェア更新を実施してから改めてアップデートを行う。

なお、Android OS の開発元である米国 Google は、「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)と「Android 4.2」(開発コード名は同じ)をリリース済み。

Android 4.1/4.2(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
Android 4.1/4.2(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ