ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、ワンコイン(490円)から使えるモバイル通信サービス「ServersMan SIM 3G 100」進化第2弾として、「SMS」(Short Message Service)オプションサービスを月額150円で開始する。

国内向けショートメッセージ送信料は3.15円/送信、海外向けショートメッセージ送信料は50円/送信(非課税)。すでに「SMS オプション」付き SIM の新規受付を開始しており、12月20日から順次配送する。

ServersMan SIM 3G 100 は、サービス開始当初からセルスタンバイによる電力消費でバッテリーの減りが早いという反響があった。そこで DTI では、セルスタンバイ問題を解消し、同時に LINE などの SMS 認証が必要なアプリをスムーズに登録できる SIM をオプションサービスとして販売する。

セルスタンバイ問題とは、データ通信専用 SIM を利用する際、端末がセルスタンバイプロセスを頻繁に繰り返す結果、電池の減りが早くなる事象を指す。SMS が利用できる SIM を用いることでこの問題は解消される、という。

DTI で検証した結果、GALAXY NEXUS SC-04D では、SMS が利用できない通常のデータ専用 SIM では表示されなかったアンテナ表示がされ、セルスタンバイによる電池消費が、全体の約80%から約30%に下がった。

また、SMS が利用できるため、SMS での認証が必要なアプリケーションもスムーズに登録できる。LINE の登録もインストールから2タップで完了する。

DTI がセルスタンバイ問題を解消、LINE 登録も2タップで完了する SMS オプションサービスを開始
ServersMan SIM 3G 100 パッケージ