ソフトバンクモバイルは、「2012 Winter - 2013 Spring」のスマートフォンとして2013年3月上旬以降に発売を予定している「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス)203SH」(シャープ製)の仕様を変更し、新たなタイプの半導体「IGZO」ベースの液晶ディスプレイを採用すると発表した。10月に発表した当初は、「New モバイル ASV 液晶」を搭載するとしていた。

ソフトバンクモバイル、来春発売の「AQUOS PHONE Xx 203SH」を「IGZO」搭載に変更
IGZO 搭載となる AQUOS PHONE Xx 203SH

IGZO は、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)で構成される透明な酸化物半導体。シャープが世界で初めて量産に成功したもので、透過率が高く、消費電力が大幅に少ない画面が実現できるという。明るさと省電力性を両立させられることから、「『長時間と高画質』のニーズに応える新世代のディスプレイとして、本機(203SH)への搭載」が決まったそうだ。

203SH のそのほかの仕様は以下の通り。

画面は約4.9インチで、有効画素数が約1,630万画素のメイン カメラ、同約120万画素のサブ カメラを搭載する。IPX5/IPX7 相当の防水性、IP5X 相当の防塵性を備える。RAM 容量は 1GB、ストレージ用メモリー容量は 32GB。バッテリ容量は 2,200mAh。プロセッサは、動作周波数 1.5GHz のクアッド コア品。Android OS のバージョンは4.1。

下り最大 76Mbps の LTE 通信サービス「SoftBank 4G」が利用可能で、「プラチナバンド(900MHz帯)」に対応。テザリングも行える。Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。ワンセグ/赤外線通信/おサイフケータイ/GPS/緊急速報メール/NFC に対応。

サイズと重さは未定。ボディ カラーは「アーバンブラック」「ホワイト」「ブルー」「レッド」の4色。

カラー バリエーション
カラー バリエーション

IGZO の紹介ビデオ