UQ コミュニケーションズは、小田急電鉄において高速無線ブロードバンド通信サービス「UQ WiMAX」のエリア拡充を図ると発表した。同サービスを利用できなかった新宿駅、成城学園前駅、町田駅、本厚木駅などの地下ホーム駅を対象として、2013年3月末までにエリアを整備していく計画。

これまで小田急では、屋外基地局のサービス エリアに入る駅構内や列車などで以前から UQ WiMAX が利用できていた。今後は、地下ホーム駅でも利用可能とするための基地局設置を行う。

UQ コミュ、小田急の地下ホームで「UQ WiMAX」提供へ、「ロマンスカー」車内で Wi-Fi も
小田急の路線図
(出典:小田急)

また、小田急は12月13日に「特急ロマンスカー・EXE(30000形)」で公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「au Wi-Fi SPOT」(KDDI)および「Wi2 300」(ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2))を提供開始する。両サービスのバックホール回線は UQ の WiMAX。

当初 Wi-Fi サービスが利用可能なロマンスカー・EXE は、全7編成のうち4編成のみ。全編成でのサービス提供は、2013年1月初旬に始める予定。

特急ロマンスカー・EXE(30000形)
特急ロマンスカー・EXE(30000形)