無線ブロードバンドプロバイダの UQ コミュニケーションズは、2012年11月30日で WiMAX サービス開設計画で計画していた全1,161市町村のエリアカバーを完了、人口カバー率は約94%となったと発表した。

2012年11月末現在の屋外基地局設置数は2万1,340局で、開設計画では2012年度末に屋外基地局数1万8,600局になるはずだったのを、大幅に前倒しして達成した。

契約者数は、開設計画2012年度末の325万加入に対し、2012年11月末現在で385万加入を超え、2012年7月から単月黒字に転じたことから、2012年度単年度黒字化はほぼ確実とのことだ。

また、2012年11月末時点で MVNO は59社、WiMAX チップセット内蔵ノート PC は、10メーカーが累計330機種を販売、BWA(Broadband Wireless Access)サービスとしてネットワークのオープン化にも寄与している。

今後は、すでに整備済みの日本全国規模 WiMAX エリアとシームレスに利用できる、次世代 WiMAX サービス「WiMAX 2+」(ワイマックスツープラス:仮称)の導入について検討を進める。

UQ は、データ通信量増大に伴う周波数逼迫に対し、総務省に新たな 20MHz 幅の周波数割当を求めており、WiMAX 2+ をその新規周波数帯域に導入する意向。

UQ WiMAX が計画を上回る2万1,340の屋外基地局を設置、人口カバー率約94%
開発計画進捗サマリー

UQ WiMAX サービスのトップページ
UQ WiMAX サービスのトップページ