富士通は、化粧品メーカーや美容・健康関連サービス事業者などを対象に、スマートフォンで手軽に肌の状態を測定できるクラウドサービス「肌メモリ」の提供を11月29日に開始した。価格(税別)は、初期費用となる「初期設定サービス」が50万円、月額費用となる「運用サービス」が4万円から。

同サービスでは、ユーザーがスマートフォンのカメラで撮影した肌の画像から、シミ・毛穴・色の状態を、富士通研究所の画像解析技術により数値で定量的に測定する。測定結果は、点数表示のほか肌画像を6階調のグレースケールで表示。これにより現在の肌状態を客観的に認識できる。

富士通、スマホで肌測定できるサービス「肌メモリ」の提供を開始
肌の測定結果画面イメージ

ユーザーの肌データは、クラウド上に蓄積され、企業は店頭でのサービスや商品の企画・開発などに活用可能。一方ユーザーは、これまで使用してきた化粧品と肌状態の変化から、自分に適した化粧品や季節ごとに必要なケアを把握したり、過去の状態・他者のデータと比較したりできる。

サービス活用事例
サービス活用事例

なお、スマートフォンによる撮影画像の光源は、太陽光ほか蛍光灯、LED ランプ、白熱電球、さらにこれらが混在する状態などさまざまな環境が想定されるが、富士通研究所が開発した「カラーフレーム」により、適切な色補正が可能となり、どこでも手軽に肌の測定を行えるという。

富士通は、スマホで肌の色や状態を測定できる富士通研究所の技術を使用し、今回の商用化に至った。今後は、バイタル情報や活動情報、睡眠情報などあらゆるライフログデータを収集・分析し、健康関連企業などと連携して、個人に適したリコメンドやアドバイスを提供するサービスの実現を目指すという。