NHN Japan は、スマートフォン向け無料通話・メールアプリケーション「LINE」と連携し、アバターによるコミュニケーションが行える新サービス「LINE Play」(iOS/Android 対応)をリリースした。日本国内のみのプレオープンで、12月以降に正式オープンし、スタンプやミニゲームなどの機能を追加していく予定だという。スマートフォンアプリケーションとして、iOS 4.3 以上、Android 2.2以上に対応。それぞれ iTunes App StoreGoogle Play で無償ダウンロード提供(一部アイテムは有料販売)している。

「LINE」でアバター コミュニケーション、「LINE Play」がプレオープン
アバターによるコミュニケーションが可能な「LINE Play」

LINE Play はスマートフォン向けアバターコミュニティサービスで、ユーザーはキャラクタの作成、マイルームの装飾を通してコミュニケーションを楽しめる。自分の顔に似せたアバターを自動作成できたり、目・鼻・口など任意のパーツを組合わせて好みのアバターを作成したりできる。LINE Play 内の「トーク」機能で、作成したアバターにさまざまな動作をさせられる「アクションスタンプ」でチャットを楽しんだり、「ラウンジ」で音楽/ゲーム/スポーツ/テレビなど共通の興味/関心を持つユーザー同士でグループチャットを楽しんだりすることも可能。

アクションスタンプで表情豊かなコミュニケーションが可能
アクションスタンプで表情豊かなコミュニケーションが可能

「マイルーム」設置のショップでは、2,000種類以上のファッション・インテリアアイテムを販売。アイテムはマイルームや友だちのルームで日常生活を行うともらえる仮想通貨「ジェム」を利用して購入できる。定番アイテムに加え、季節限定アイテムや LINE キャラクタ(ムーン、ジェームズ、ブラウン・コニー)をモチーフとしたアイテムが毎週200点以上追加・更新されるという。

仮想通貨「ジェム」を通じて、ファッション・インテリアアイテム、帽子、人形などを購入
仮想通貨「ジェム」を通じて、ファッション・インテリアアイテム、帽子や人形などを購入

セキュリティ面では、詳細設定が可能なプライバシー管理機能を搭載した。友人関係以外のユーザーによるマイルームの訪問禁止や、アバター検索の可否設定などができる。「ラウンジ」内での LINE ID 交換や公序良俗に反する発言の自動削除、24時間体制で行う有人パトロールなどを実施する。