NTT ドコモKDDIソフトバンクモバイルイー・アクセスの4社は、都営地下鉄(東京都交通局)で提供している携帯電話サービスの駅間トンネル内サービス エリアを11月19日正午に拡大し、新宿線で利用可能なエリアを増やすとともに、浅草/三田/大江戸線の一部で利用可能とする。これより、サービス対象区間では、駅構内と駅停車中の列車内だけでなく、駅間の列車内でも携帯電話/スマートフォンによる通信が可能となる。

今回サービスを開始する都営地下鉄の路線/区間は、新宿線が馬喰横山駅から森下駅、浅草線が東日本橋駅から押上駅、三田線が水道橋駅から白山駅、大江戸線が牛込神楽坂駅から森下駅。

都営地下鉄では、すでに新宿線の新宿駅から九段下駅で携帯電話サービスが利用可能となっている。

今後4社はサービス エリアの拡充に取り組み、11月末までに浅草線の泉岳寺駅から東日本橋駅、三田線の白山駅から志村坂上駅、大江戸線の新宿駅から都庁前駅および都庁前駅から牛込神楽坂駅でサービスを開始する。さらに、12月中にほぼ全線でサービスを提供する計画。ただし、大江戸線の都庁前駅から光が丘駅の区間については、2013年3月に提供を始める予定。

都営地下鉄の新宿/浅草/三田/大江戸線トンネル、11月19日正午に携帯電話エリア拡大、年内にほぼ全路線で
都営地下鉄の路線図
(出典:東京都交通局)