NTT ドコモは、Android 2.3 搭載スマートフォン「ARROWS X LTE F-05D」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(現:富士通モバイルコミュニケーションズ)製)の OS を Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)にアップデートするため、更新用ファイルの提供を11月7日に開始した。

ドコモ、「ARROWS X LTE F-05D」用 Android 4.0をリリース、「sp モードメール」の「デコメ絵文字」バグも修正
ARROWS X LTE F-05D

アップデートで OS が Android 4.0.3 になるほか、顔認証による画面ロック解除、ロック解除画面からのカメラ直接起動、スクリーンキャプチャ、パノラマ撮影、Wi-Fi Direct といった機能が追加され、ユーザー インターフェイス(UI)も改良されるという。また、「iコンシェル」「SDカードバックアップ」といったアプリケーションが加わる。さらに、「sp モードメール アプリ」で「デコメ絵文字」が動かなくなる問題を修正する。

アップデート適用後のビルド番号は「V08R31C」。一度アップデートすると、元のバージョンには戻せない。

今回のアップデートは、無線 LAN(Wi-Fi)経由で ARROWS X LTE F-05D 本体で行うか、パソコンで取得したアップデート用ファイルを microSD メモリカードに入れて行うかのいずれか。

なお、Android OS の開発元である米国 Google は、「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)の提供を始めており、「Android 4.2」(開発コード名は同じ)も発表済み。

Android 4.1/4.2(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
Android 4.1/4.2(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ