日本通信は、外国人旅行者向けの SIM「VISITOR SIM」で、空港受け取りサービスを開始した。サービスを利用すると、新千歳、成田、羽田、中部、関西、広島、福岡、鹿児島、那覇の各空港の郵便局で、VISITOR SIM を受け取ることができる。

外国人旅行者からの、空港に到着したらすぐに SIM を受け取り、自分のスマートフォンに装着したい、という要望に応えるもの。

日本通信では、11月5日の申込受付分より VISITOR SIM の空港受け取りサービスを開始した。郵便手数料210円を追加するだけで、空港の郵便局で SIM カードを受け取ることができる。また、月曜〜土曜の週6日、英語専用コールセンターで、英語によるサポートが受けられる。

VISITOR SIM には、2種類、4つのパッケージ(マイクロ SIM と標準 SIM)がある。

「b-mobile VISITOR SIM 14Days Prepaid」は、14日間、定額で使えるもの。VoIP やストリーミングは非対応だが、スマートフォンで利用するには十分なパフォーマンス。「b-mobile VISITOR SIM 1GB Prepaid」は 1GB 分を使えるもので、Skype などの VoIP サービスも使える。いずれも、日本の最も広い 3G(W-CDMA/HSPA)エリアで利用できる SIM カードで、日本通信の英語 Web サイトで購入できる。

日本通信、外国人旅行者向け「VISITOR SIM」の空港受け取りサービスを開始
b-mobile VISITOR SIM 14Days Prepaid

b-mobile VISITOR SIM 1GB Prepaid
b-mobile VISITOR SIM 1GB Prepaid