日本マイクロソフトと NTT ドコモは、法人向けタブレット市場の開拓で協業する合意を、11月1日に結んだ。Microsoft の新 OS Windows 8 とドコモの LTE サービス「Xi(クロッシィ)」を連携させ、回線とデバイス、ソリューションを一体的に提供する構え。

両社は、Xi と組み合わせた Windows 8 端末の共同顧客開拓/営業の展開、共同プロモーションによる需要喚起、パートナーソリューションの共同開拓/連携の3分野で協業、法人市場における日本マイクロソフトの豊富な資産とドコモの高速回線を生かす。

Windows 8 はネットワークへの常時接続を前提に設計されており、デスクトップやウルトラブックだけでなく、タッチ操作のタブレット端末に対応した新製品が順次市場に投入されている。法人市場においては、外出時での提案資料の作成や社内の基幹業務と接続したグループワークなど、業務の効率化/価値向上ソリューションとして、タブレットのニーズが高まっている。そこで、高速モバイルネットワークは不可欠になっていることが、協業の背景にある。

両社は、セキュリティやプライバシー、管理性など、法人利用に不可欠な機能を備えた Windows 8 に Xi を連携させたソリューションを提供していく。

日本未導入の Microsoft の新型タブレット「Surface」については、言及していない。