米国 Google は、iOS 向けアプリ「Google 検索」の最新版をリリースした。音声認識機能が改良され、利用者は同アプリを Apple の Siri のように使えるようになっている。

Google、音声検索が可能な iOS 版アプリ「Google 検索」をリリース― Apple の Siri に対抗
iOS アプリ Google 検索

TUAW は、アップデートされた Google 検索を次のように伝えた。

「Google は Siri が iOS で唯一の著名な音声認識アシスタントであるという現状に満足できず、Google 検索アプリをアップデートして音声認識機能を強化した。これにより、利用者は Apple が提供する Siri とほぼ同等の使い方ができるようになった。音声検索では、利用者は天気予報やスポーツの結果、それに道案内までも音声で尋ねることが可能だ。道案内ではもちろん Google マップが利用される」

Google 検索の音声検索機能画面
Google 検索の音声検索機能画面

PCMag  は、Google 検索での音声認識機能の使い心地を報告している。

「Google 検索アプリを iOS 上で開くと、メインページのマイクアイコンの上に『Try our new voice search(音声検索をお試しください)』というメッセージが表示される。マイクをタップし、Siri を利用するときと同じように iPhone、iPad、iPod touch に向かって話せばよい。画面には話した内容が表示され、その下には質問に対する回答が表示される。飛行機の発着時刻や現在のフライト状況など、回答が短く簡潔なものの場合には、回答を音声で受け取ることが可能だ(日本語未対応)」

Ars Technica は、Google 検索を Apple の Siri と比較する。

「Google の音声検索は、ある種の質問に対しては Siri よりも優れた回答を導きだせる。例えば『ヤンキースタジアムって、どんなもの?』といったタイプの質問だ。だが、例えば『サマータイムはいつ終了する?』や『ドラマ The Office のキャストは?』といった質問では、Siri も Google と同じ答えを出すことができた」

Wired は、Google 検索と Siri の音声認識能力を比較している。

「Google 検索の音声認識能力は、Siri と同程度か、若干上回っている。私のテストでは、『has』と『is』の聞きわけに苦労してはいたが、これを聞き違えた場合でも、正しい検索結果を返すことができていた」