Mobile

モバイル

競争が激化する低価格 SIM カードサービス--最後発「楽天ブロードバンド LTE」に勝算はあるか? (1/2)

japan.internet.com 編集部
2012年11月1日 / 12:00
 
 
携帯電話回線の充実に伴い、新規参入が目覚しい MVNO(仮想移動体通信事業者)。昨今では、手持ちのスマートフォンを用い、データ通信量や回線速度を制限する代わりに、NTT ドコモや KDDI などの大手キャリアよりも格安で通信回線を提供したりする所謂「SIM カードサービス」が広く普及している。毎月のスマートフォンの使用料を安く済ませたい人にとって、欠かすことのできない存在だろう。

「SIM カードサービス」の先駆者と言えば、日本通信が2010年4月から始めた「b-mobileSIM」シリーズ。年間2万9,800円で NTT ドコモ網が使い放題という触れ込みが話題を呼び、国内で SIM ロックフリー版の iPhone の存在価値が高まったのは記憶に新しい。加えて、2011年4月からは NTT ドコモが SIM ロックフリーの Android 端末の提供を始め、「SIM カードサービス」の普及を後押しした。

そんな「SIM カードサービス」も国内で開始されて早2年以上の月日が経ち、より安く・快適に使えるサービスが台頭してきている。その筆頭格で最も注目されるのが、月額1,000円以下ながらも LTE に対応するなど、コストパフォーマンスに優れる低価格 SIM カードサービスだ。

低価格 SIM カードサービスは、通称「イオン SIM(b-mobileSIM【イオン専用】)」を皮切りに、他社からも相次いで登場しているが、中でも楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズと丸紅無線が10月4日から開始した「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」は、後発だけあって競争力の高いサービス内容になっている。MMD 研究所発表の「スマートフォン所有者の利用料金に関する実態調査」で、月額1,000円以下の SIM カードサービス比較表が掲載されていたので、こちらを使って魅力を説明したい。

月額1,000円以下の SIM カードサービス比較表(出典:MMD 研究所)
月額1,000円以下の SIM カードサービス比較表(出典:MMD 研究所)
*クリックして拡大

■ LTE に対応する真の低価格 SIM カードサービス

まず、「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」以外で注意したいのが、追加料金を払わなければ基本的に NTT ドコモの LTE 網を使用した高速通信(以下、ドコモ LTE 高速通信)が利用できない点だ。幾つかはサービス名に LTE と銘打っており、いかにも1,000円以内で高速通信ができると思わせるが、実際にはドコモ LTE 高速通信の通信量100MB あたり472.5円〜525円の追加料金が必要となる。

一方「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」では、NTT ドコモの3G・LTE を通信網に利用する点は他社サービスと共通するところだが、名前にもある月額料金980円の中でドコモ LTE 高速通信による最大75Mbps の通信速度を提供する点で異なる。LTE に対応する真の低価格 SIM カードサービスと言えるのではないだろうか。

一部他社サービスに設けられている最低利用期間と解約違約金がないのも嬉しい。初期費用が4,200円なのは、3,150円が多数派の中でややマイナス要因と言えるが、最低利用期間などが発生しないことを加味すれば補って余りある。低価格 SIM カードサービスは、最低利用期間や解約違約金を設定することでユーザーの流出を防いでおり、契約数増加の足かせとなっているように見えるが、その様な点を度外視する同サービスには好感を持てる。

「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」で気になるのは、最大75Mbps で通信できる容量が200MB までで、200MB 超過後は通信速度が最大100kbps まで制限される点だ。一見、200MB は数日で上限に達してしまいそうな数値だが、実際にはどれほどの事ができるのか。NTT ドコモの GALAXY S III(SC-06D)に同サービスの SIM カードを挿入し、使用感とあわせて検証してみた。

「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」の SIM カード。NTT ドコモのスマートフォンなどで利用することが可能だ
「楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン」の SIM カードを GALAXY S III に差し、
使用感を確かめてみたい
【関連記事】
楽天グループのフュージョン、国内初の EC 向けクラウド連携プラットフォームサービスを開始
楽天フュージョンと丸紅日本通信が月額980円の「楽天ブロードバンド LTE」データ通信サービスを開始
「楽天ブロードバンド WiMAX」3月26日開始、最大 40Mbps/月額3,880円
アッカとフュージョン、WiMAX 上で VoIP アプリケーションを実験
フュージョン、PC操作でIP電話が発信できる「Click Call」開始

関連キーワード:
GALAXY
 
iPhone
 
スマートフォン
 
Android
 
LTE
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites