NTT ドコモは、SIM ロックフリー端末で同社の通信サービスを利用するための nanoSIM カード「ドコモ nanoUIM カード」を11月1日より提供する。現時点で nanoSIM カード対応端末は「iPhone 5」だけであるため、事実上 iPhone 5 を同社のネットワークで使うことが主目的となる。

ドコモが「nanoUIM カード」提供へ、対応端末は SIM ロックフリー「iPhone 5」のみ
SIM カードの利用イメージ
(出典:NTT ドコモ)

手続きなどは、利用したい SIM ロックフリー端末をドコモショップに持ち込んで行う。対応端末であっても、通信方式の違いなどによって利用可能なサービスに制限があったり、料金の注意事項があったりするため、窓口で説明を受ける必要がある。新たに NTT ドコモの回線契約をする場合は、契約事務手数料3,150円が発生する。既存回線を持っている場合、SIM カードの発行手数料は発行回数が1年に1回なら無料。

NTT ドコモによると、現時点で把握している nanoUIM カードに対応端末は iPhone 5 のみ。ただし、iPhone5 では LTE 通信サービス「Xi(クロッシィ)」が利用できず、FOMA による通信となる。また、FOMA であっても 800MHz 帯および 1.7GHz 帯は利用できない。

なお、日本国内で iPhone 5 を取り扱っているソフトバンクモバイルKDDI は、いずれも SIM ロックの解除(フリー化)を行わない。そのため、ドコモ nanoUIM カードを iPhone 5 で利用するには、海外から SIM ロックフリー化された製品を入手するなどの対応が必要。

iPhone 5
iPhone 5
(出典:Apple)

*クリックして関連記事へ移動