UQ コミュニケーションズは、高速無線ブロードバンド通信技術に関する業界団体である WiMAX Forum が新たな通信規格「WiMAX Release 2.1」を発表したことを受け、同社の通信サービス「UQ WiMAX」の次世代版で同規格を採用するための検討を始める。

WiMAX Release 2.1 は、現在 UQ が採用している「WiMAX Release 1.0」規格を含む既存 WiMAX 規格との親和性確保しつつ、高速化を図ったもの。「WiMAX Release 2.0」規格を包含するとともに、TD-LTE 方式との互換性も確保し拡張性を高めた。

UQ コミュ、新たな TD-LTE 互換規格「WiMAX Release 2.1」の採用に向け検討
WiMAX 技術ロードマップ

UQ は、次世代サービス「UQ WiMAX 2+(仮称)」で WiMAX Release 2.1 を採用するための検討に入る。この次世代 WiMAX サービスは、サービス エリア整備済みの既存サービスとのシームレスな利用が可能という。

なお、UQ は総務省に対して新たな 20MHz 幅の周波数割当を求めており、WiMAX Release 2.1版サービスをその新規周波数帯域に導入する計画。