頓智ドットは、ウェブ上や街中で気になった店舗やスポットを投稿・共有できる iPhoneアプリ「tab light」および Web 版の同サービスを、10月31日にリニューアルした。今回のアップデートに伴い、アプリ名が「tab light」から「tab」となり、iPhone5 にも対応した。

同アプリは、「“行ってみたい・これ欲しい”を見つける」「気になるものを集める」「実際に行ってみる」という一連の流れをサービスとして提供するもの。

今回のリニューアルでは、「実際に行ってみる」面を強化するため、ユーザーが集めたお気に入りをその場でプッシュ通知する「お知らせ」(Push Notification)機能を搭載。通知のオン/オフは、全体・個別アイテムごとに指定でき、時間帯や曜日での設定もできる。

お知らせ機能の設定画面
お知らせ機能の設定画面 イメージ

また、以前の「tab light」では制限されていた「“行ってみたい・これ欲しい”を見つける」「気になるものを集める」面での機能も追加された。現在地付近の情報だけではなく、「tab」にある情報を全て表示でき、「フォロー/新着/人気」のカテゴリや東京の6エリア(渋谷/銀座/新宿/六本木/池袋/丸の内)または「全てのエリア」を組み合わせて情報を閲覧できる。

このようなアイテム閲覧・投稿だけではなく、ユーザーそれぞれの“アイテムのまとめ方”も自由度が増した。アプリ内「みんなのtab」画面が、これまでのアイテム(個別の情報)ごとの表示から tab(アイテムのまとまりでテーマが設定されているもの)ごとの表示に変更され、自分で好きなテーマを設定して情報をまとめられるようになった。

みんなの tab 画面
みんなの tab 画面 イメージ

なお、リニューアルにあわせて、iPad mini などが当たる「お出かけ力向上キャンペーン」を10月31日から実施している。期間中に10アイテムを自分の tab に入れること(iPhone アプリからの写真投稿・Web 上からのアイテム作成など)で自動的にエントリーされるとのこと。