ソフトバンクモバイルは、「2012 Winter - 2013 Spring」の新型スマートフォン「RAZR(レーザー)M 201M」(米国 Motorola 製)を10月26日に発売する。

ソフトバンク、スリム&コンパクトなスマホ「RAZR M 201M」を10月26日発売
RAZR M 201M
(ブラック)

RAZR M 201M は、下り最大 76Mbps の LTE 通信サービス「SoftBank 4G」が利用可能で、「プラチナバンド(900MHz帯)」に対応している。テザリングには、12月15日以降に対応する予定。

狭額縁設計で、手のひらに収まるというコンパクトな本体サイズを実現。また、ホーム画面を1ページのみのシンプルな構成にした使いやすいユーザー インターフェイス(UI)を採用したとする。ボディに同じ重さの鋼鉄と比べ強度が5倍ある「KEVLAR ファイバー」を採用。強度と軽量化を両立させたという。さらに、画面には傷の付きにくい「Corning Gorilla glass 2」を使用している。

画面は約4.3インチ(960×540ピクセル表示の)有機 EL ディスプレイで、有効画素数が約800万画素のメイン カメラ、同約30万画素のサブ カメラを搭載する。防水/防塵性は備えていない。RAM 容量は 1GB、ストレージ用メモリー容量は 8GB。プロセッサは、動作周波数 1.5GHz のデュアル コア品。Android OS のバージョンは4.0。後日4.1にアップデートする予定。

Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n)、Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。GPS/緊急速報メール/おサイフケータイに対応。ワンセグ/赤外線通信/NFC には対応していない。

おおよそのサイズは高さ123×幅61×厚さ8.3mm(「ホワイト」モデルの厚さは8.8mm)、重さは約 128g。ボディ カラーは「ブラック」「ホワイト」の2色。

RAZR M 201M (ホワイト)
RAZR M 201M
(ホワイト)

RAZR M 201M の主な対応サービス/機能
RAZR M 201M の主な対応サービス/機能
(出典:ソフトバンクモバイル)