米国 Apple は、従来モデルより小さな7.9インチ画面の新型タブレット端末「iPad mini」を10月23日に発表した。無線 LAN(Wi-Fi)版を11月2日、LTE/DC-HSDPA にも対応する Wi-Fi+Cellular 版をその数週間後に発売する予定。

米国におけるメーカー希望小売価格は、Wi-Fi 版の 16GB モデルが329ドル、32GB モデルが429ドル、64GB モデルが529ドル。Wi-Fi+Cellular 版は、16GB モデルが459ドル、32GB モデルが559ドル、64GB モデルが659ドル。日本や米国などでは、10月26日に購入予約の受け付けを開始する。

Apple が片手で持てる7.9インチ「iPad mini」発表、10月26日より予約可能、11月2日発売
手のひらサイズの iPad mini

サイズは高さ200×幅134.7×厚さ7.2mm と片手で持てるようになり、3月発売の第3世代 iPad に比べ23%薄いという。重さは、Wi-Fi 版が 308g、Wi-Fi+Cellular 版が 312g。ボディ カラーは「Black&Slate」「White&Silver」の2種類。

画面は7.9インチで、7インチ画面を採用する多くのタブレット端末に比べ表示面積が35%広い。表示解像度は、初代の iPad および第2世代の iPad 2と同じ1,024×768ピクセル。そのため、既存のアプリケーションが iPad mini の小さな画面でも適切な表示で利用可能となっている。プロセッサは、デュアル コアの「A5」。外側カメラの画素数は500万画素。バッテリ駆動時間は10時間という。パソコンなどとの接続は、「iPhone 5」より導入した新コネクタ「Lightning」で行う。

Wi-Fi の対応規格は IEEE802.11a/b/g/n。このうち IEEE802.11n については、iPhone 5 と同じく 2.4GHz 帯に加え、5GHz 帯対応のデュアルバンド化。最大通信速度は 150Mbps となる。「Personal Hotspot(パーソナル ホットスポット」と呼ぶテザリング機能を備え、Wi-Fi/Bluetooth/USB 経由で最大5台のデバイスをインターネット接続できる。

Wi-Fi+Cellular 版の対応している携帯電話ネットワークは、以下の2種類。

【Model A1454】
・GSM/EDGE(850MHz、900MHz、1,800MHz、1,900MHz)
・UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850MHz、900MHz、1,900MHz、2,100MHz)
・LTE(バンド4、17)

【Model A1455】
・CDMA EV-DO Rev. A and Rev. B(800MHz、1,900MHz、2,100MHz)
・GSM/EDGE(850MHz、900MHz、1,800MHz、1,900MHz)
・UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850MHz、900MHz、1,900MHz、2,100MHz)
・LTE(バンド1、3、5、13、25)

ボディ カラーは「Black&Slate」と「White&Silver」
ボディ カラーは「Black&Slate」と「White&Silver」