ディー・エヌ・エー(DeNA)は、実名制のスマートフォン向け無料通話/メッセージ交換サービス「comm(コム)」を10月23日に開始した。世界204の国と地域向けに、iPhone などで利用可能な iOS 版アプリケーションと、Android 端末向けの Android 版アプリケーションを無償ダウンロード提供している。対応言語は、日本語と英語。

comm の特徴は、ニックネームやサービス固有の ID などを使わず実名を利用する点。家族や友人などを実名で検索して「友だちリスト」に追加すると、通話やメッセージ交換が行える。

通話機能はクライアント サーバー方式と大規模なインフラで実現しており、「とぎれず、相手の声がしっかりと聞こえる」という。また、一般的な携帯電話に採用される音声コーデックより高いビットレートものを使うため、音質がよいとしている。

DeNA が実名制の無料メッセージング/通話サービス「comm」開始、「LINE」風スタンプも利用可能
スマートフォン向け実名制サービス comm

メッセージ交換は1対1のほかグループでも行えて、写真やスタンプを添付できる。友人の近況や更新情報が通知されるアクティビティ表示機能、投稿された写真がプロフィール ページに集まる機能なども備えている。また、comm を使用していない相手には、メッセージを comm 経由でメール送信することも可能。

スタンプが利用可能
スタンプが利用可能

現在 DeNA は、ソーシャル ゲーム プラットフォーム「Mobage(モバゲー)」の SNS 連携世界展開に取り組んでいる。新たに comm を提供することで、Mobage など既存サービスによるリーチが難しかったユーザー層に事業を拡大したい考え。さらに、将来 Mobage や通販サイト「ビッダーズ」などをcomm と連携させる予定。

なお、NHN Japan が運営している同種のサービス「LINE(ライン)」は、サービス開始から1年3か月ほどで登録ユーザーが全世界6,500万人、日本国内3,000万人をそれぞれ超える人気サービスとなっている。また、MMD 研究所の調査によるとスマートフォン利用者の登録が最も多いチャット サービスであり、LINE 登録者の有料スタンプ購入率は23.7%だったそうだ。ちなみに、「ディズニー(Disney)」キャラクタ公式スタンプの販売を10月22日に開始した。

LINE 登録ユーザー数の推移
LINE 登録ユーザー数の推移
*クリックして関連記事へ移動