バッファローは、住宅内などに設けられた電力線をネットワーク ケーブルとして利用できる PLC(Power Line Communications:電力線通信)技術に対応する無線 LAN(Wi-Fi)ルーター「WPL-05G300 シリーズ」を10月17日に発表した。電波が届きにくい鉄骨構造を持つ住宅などでも電力線を介して通信できるため、住宅全体で快適な Wi-Fi 通信が行えるという。10月下旬より販売する予定。税込みメーカー希望小売価格は、2個セット モデル(型番 WPL-05G300/2)が1万6,485円、単品モデル(同 WPL-05G300)が8,925円。また、Wi-Fi 機能を持たず有線 LAN ポートのみを備える PLC アダプター「PL-05H シリーズ」も合わせて発売する。

バッファロー、PLC 対応 Wi-Fi ルーター「WPL-05G300」を発売へ、鉄骨住宅でも快適な Wi-Fi 生活を
WPL-05G300

PLC は、宅内の電力線を LAN ケーブルのように使用し、コンセントに挿した対応アダプタ間でデータ通信する技術。専用の LAN ケーブルを敷設する必要がなく、Wi-Fi 用の電波が伝わりにくい環境でも通信が行える。

WPL-05G300 は、PLC 対応の Wi-Fi ルーター。コンセントに挿して LAN ケーブルでインターネット モデルと接続すると、Wi-Fi 対応デバイスをインターネット接続させられるほか、電力線を介してほかの PLC 対応デバイスにインターネット接続サービスを提供できる。さらに WPL-05G300 は、PLC 経由で受けたインターネット接続サービスを別の Wi-Fi 対応デバイスに提供することも可能。そのため、例えば1階に設置した Wi-Fi ルーターだけだと電波の届きにくい鉄骨構造住宅の3階でも、LAN ケーブルを使わずインターネットに接続できる。

WPL-05G300 の利用イメージ
WPL-05G300 の利用イメージ

対応規格は、PLC が最大通信速度 240Mbps の HomePlugAV 1.1、Wi-Fi が IEEE802.11b/g/n で最大通信速度は 300Mbps。サイズは幅77×高さ112×奥行き54mm、重さは約 250g。初めて PLC を利用する場合はコンセント2か所に WPL-05G300 を挿す必要があるため、2個セット モデルと、増設用の単品モデルを用意する。

一方 PL-05H は、Wi-Fi 非対応の PLC アダプタ。有線 LAN 対応機器を PLC 接続するための製品で、WPL-05G300 と組み合わせて利用可能。サイズは幅68×高さ87×奥行き51mm、重さは約 165g。税込みメーカー希望小売価格は、2個セット モデル(型番 PL-05H/2)が1万920円、単品モデル(同 PL-05H)が5,565円。

PL-05H
PL-05H