KDDI沖縄セルラー電話は、両社の「au」ブランド Android スマートフォン用として、青少年向けフィルタリング ブラウザ アプリケーション「安心アクセス for Android」を11月1日より提供する。一般的な Web(URL)フィルタリング機能に加え、国内初というアプリケーション フィルタリング機能を備える点が特徴。Android 2.2以上を搭載する au スマートフォンで利用可能。料金は無料。

安心アクセス for Android は、ネットスターのフィルタリング技術を用いてクラウド環境にあるデータベースを照会し、子供にふさわしくない Web ページやアプリケーションを判定するペアレンタル コントロール アプリケーション。また、現行フィルタリング サービスと違い、3G/LTE/WiMAX/Wi-Fi というすべての通信経路のアクセスをフィルタリングできるという。

KDDI、アプリ起動フィルタリング対応の青少年フィルタ「安心アクセス for Android」無償提供
現行サービス(上)と
安心アクセス for Android(下)の比較

このアプリケーション フィルタリング機能は、ダウンロードするアプリケーションだけでなく、インストール済みアプリケーションに対しても定期的に判定を行う。そして、不適切なアプリケーションであれば、そのアプリケーションの起動を制限する。ただし、アプリケーションのインストール自体は阻止しない。

フィルタリングの制限レベルは、小学生/中学生/高校生向けの3段階から選ぶ。制限レベル変更のほか、個別 URL/アプリケーションの制限設定、インストール済みアプリケーションの確認といった作業は、管理者ページ経由で遠隔操作できる。当然、安心アクセス for Android 自体を勝手にアンインスールされないよう設定することも可能。

各フィルタリング制限レベルで設定されるルール
各フィルタリング制限レベルで設定されるルール

KDDI らは、未成年ユーザーが au スマートフォンを契約する際、親権者に同アプリケーションの利用を勧奨する。