NTT ドコモは、Android 2.3 搭載スマートフォン「MEDIAS ES N-05D」(NEC カシオモバイルコミュニケーション製)の OS をAndroid 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)にアップデートするため、更新用ファイルの提供を開始した。

ドコモ、「MEDIAS ES N-05D」向け Android 4.0 リリース
MEDIAS ES N-05D

アップデートで OS が Android 4.0.4 になるほか、日本語入力システム「ATOK」機能の強化、画面が振動する「タッチフィードバック」機能の拡充、ユーザー インターフェイス(UI)改良なども実施する。また、「iコンシェル」「SDカードバックアップ」といったアプリケーションが加わる。一度アップデートすると、元のバージョンには戻せない。アップデート適用後のビルド番号は「A2004701」。

今回のアップデートは、自動更新に対応していない。アップデートは、無線 LAN(Wi-Fi)を使って N-05D で直接行うか、パソコンで取得したアップデート用ファイルを microSD メモリカードに入れて行うかのいずれか。アップデートするには、ビルド番号が「A1001901」のバージョンにしておく必要がある。「A1001701」「A1001101」の場合は、ソフトウェア更新を実施してから改めてアップデートを行う。

なお、Android OS の開発元である米国 Google は、次期 OS「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)を発表済み。すでに、一部対応端末向け提供を始めている。

Android 4.1(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
Android 4.1(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
*クリックして関連記事へ移動