韓国 Samsung Electronics は、画面サイズが4.0型の新型スマートフォン「GALAXY S III mini」を10月11日に発表した。4.8型画面の「GALAXY S III」を小型化したモデルとしている。

※10月12日追記(japan.internet.com 編集部):GALAXY S III mini の仕様の概説図を記事に追加しました。

Samsung、4.0型スマホ「GALAXY S III mini」を発表、人気の「GALAXY S III」を小型/軽量化
GALAXY S III mini

GALAXY S III mini は、4.0インチの有機 EL ディスプレイを採用することで GALAXY S III よりコンパクトになり、軽量化した。そして GALAXY S III と同様の丸みを帯びたデザインと相まって、片手でも操作しやすいという。

約500万画素の背面カメラと、約30万画素の正面カメラを搭載。RAM 容量は 1GB、ストレージ用メモリー容量は 8GB もしくは 16GB。バッテリ容量は 1,500mAh。プロセッサは、動作周波数 1GHz のデュアル コア品。Android OS のバージョンは4.1。

無線 LAN(Wi-Fi)の対応規格は IEEE802.11a/b/g/n。Bluetooth(Ver.4.0)による無線データ通信が可能。GPS/NFC に対応している。

おおよそのサイズは高さ121.55×幅63×厚さ9.85mm、重さは約 111.5g。

仕様の概説図
仕様の概説図

GALAXY S III mini
GALAXY S III mini

一方 GALAXY S III は、画面が約4.8インチ(720×1,280ピクセル表示)有機 EL で、プロセッサが動作周波数 1.5GHz のデュアルコア品。おおよそのサイズは高さ137×幅71×厚さ 9.0mm、重さは約 139g。日本国内では、NTT ドコモが「2012夏モデル」の「GALAXY S III(SC-06D)」として販売している。世界的に人気のある端末で、発売から100日で2,000万台販売されたという。

なお、NTT ドコモは「2012冬モデル」として、GALAXY S III の後継モデル「GALAXY S III α SC-03E」を2012年12月に発売する。画面などは GALAXY S III と同等だが、プロセッサを動作周波数 1.6GHz のクアッド コア品にするなど強化している。

GALAXY S III α SC-03E
GALAXY S III α SC-03E
(出典:NTT ドコモ)

*クリックして関連記事へ移動