ソフトバンクモバイルは、2012年夏季向け端末「2012 Summer」のモバイル無線 LAN(Wi-Fi)ルーターとして、下り最大 110Mbps で通信可能な「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(中国 Huawei Technologies 製)を10月19日に発売する。通信サービス「SoftBank 4G」に対応しており、発売日に提供開始となるキャンペーン「新スマホセット割」を適用すると同サービス向け料金プラン「4G データし放題フラット」の月額料金が4,410円になる。

ソフトバンク、下り最大 110Mbps のモバイルWi-Fiルーター「102HW」を10月19日発売
ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW

102HW は、SoftBank 4G に加え下り最大 42Mbps の「ULTRA SPEED」エリアでも利用可能なモバイル Wi-Fi ルーター。公衆 Wi-Fi サービス「ソフトバンク Wi-Fi スポット」を介したインターネット接続も行える。

SoftBank 4G などの速度比較イメージ
SoftBank 4G などの速度比較イメージ
*クリックして関連記事へ移動

スマートフォンやパソコン、ゲーム機、音楽プレイヤー、デジタルカメラなど、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)対応機器を同時に10台まで接続可能。microSDXC カードスロットを備え、同カード内のファイルを Web ブラウザ経由で共有する NAS 機能も利用できる。内蔵バッテリの容量は約 3,000mAh。

おおよそのサイズは高さ104.8×幅66×厚さ15.5mm、重さは約 135g。

また、新スマホセット割は、通常は月額5,985円と月額基本料金525円が必要な 4G データし放題フラットを、月額4,410円で利用可能とするもの。適用条件は、1回線目としてソフトバンクのスマートフォン/iPhone/iPad を特定の料金プランで契約しているユーザーが、同一名義で 102HW を契約すること。

なお、キャンペーン適用時は、毎月の利用データ量が 5GB を超えると、月末まで通信速度が上り下りとも最大 128kbps に制限される。速度制限は、2GB ごとに2,625円で外せる。通常価格の場合、制限のかかるデータ量は 7GB。